コメント (0)   【コメントまで移動↓】

Supreme x M. C. Escher ⑥ まとめ

2017年5月6日発売






M.C. Escher Trench Coat 45,000 (48,600-tax in)

Color : Black


M.C. Escher Hooded Sweatshirt 27,000 (29,160-tax in)

Color : Dusty Slate, Dusty Pink, Black, White


M.C. Escher Cotton Baseball Jersey 16,000 (17,280-tax in)

Color : Black, White, Dusty Slate


M.C. Escher Short 15,000 (16,200-tax in)

Color : Dusty Pink, Dusty Slate, White, Black


M.C. Escher Eye L/S Tee 8,500 (9,180-tax in)

Color: Pink, Black, Slate, White


M.C. Escher Three Spheres Tee 6,500 (7,020-tax in)

Color : Black, Slate, Pink, White


M.C. Escher Collage Tee 6,500 (7,020-tax in)

Color : Black, White, Pink, Slate


M.C. Escher Camp Cap 8,500 (9,180-tax in)

Color : Black, Dusty Pink, Dusty Slate, White

M.C. Escher Sticker Set 800 (864-tax in)





※マウリッツ・エッシャーとは、
「視覚の魔術師」とも称されるマウリッツ・コルネリス・エッシャーは、『トロンプ・ルイユ(騙し絵)』の画家としては世界一の知名度を持つアーティスト。

※年代別マウリッツ・エッシャー作品


1922年、図案化された4人の男性と4人の女性が、パズルのピースのように配置。後にエッシャーが得意とした『平面の正則分割』シリーズに通じる作品


1935年、『写像球体を持つ手』としても知られる作品。


1938年、魚が鳥に変化するトリックアート


1951年、ジグソーパズルのように平面を重なり合わない図形で埋め尽くす『平面の正則分割』と呼ばれる作品


1951年、多元的な視点が複雑に交錯する『階段の家』、エッシャー作品を象徴する新しい遠近法


1953年、『スパイラルス』という作品は、タイトルの通り複数の螺旋構造が無限に続くかのような環を作り出している。


1955年、『凹面と凸面』として知られる作品。


1956年、『婚姻の絆』というタイトルでも知られる作品。螺旋構造で形作られた男性と女性の肖像が、絡み合いながらつながり合っている。


1958年、『物見の塔』として知られる作品は、“ネッカーの立方体”という立方体錯視を応用して描かれている。


1960年、『上昇と下降』は“ペンローズの階段”と呼ばれる不可能図形をもとに描かれている。右回りに移動する人々は階段を上り、左回りに移動する人々は階段を下り続けてる。永遠に終わらない上昇と下降を描いた作品。


1961年、『滝』
“永久機関”を思わせるこの不可解な絵のトリック、エッシャーの代表作品として知られている。


1969年、エッシャーの遺作となった『蛇』。平面の正則分割で埋め尽くされたカゴ状のサークルを縁取るように、複数のヘビが絡み合っている。
(出典:目ディア)

Supreme x M. C. Escher ① News

Supreme x M. C. Escher ② アナウンス和訳とマウリッツ・エッシャーって誰?

Supreme x M. C. Escher ③ 人気投票!

Supreme x M. C. Escher ④ 価格

Supreme x M. C. Escher ⑤ 発売直前人気ランキング発表